@izumisano

約5年の大阪は泉佐野の生活を経て、次は川崎は溝の口。美味しいものをお伝えできれば。

広島「お好み焼き みっちゃん 総本店(広島駅新幹線口ekie店)」が改めて美味い!その美味さはみっちゃんの歴史が物語る!

広島に来て、日本酒を堪能した翌日に、広島お好み焼きを食べる。広島満喫だ。

新幹線の乗車前、広島駅で立ち寄った。

f:id:shogot1978:20200725100119j:image

その名も お好み焼き みっちゃん 総本店(広島駅新幹線口ekie店)だ。

 

◆ 営業時間:11:00-22:00

◆ 営業日:定休日はekieの休日に準ずる

◆ 場所:広島市南区松原町1-2

f:id:shogot1978:20200726205513p:image

◆ 電話:082-263-2217

◆ ウェブサイトhttps://www.okonomi.co.jp/

 

 

◽️みっちゃんが元祖!

お好み焼きのお店は、星の数ほどある。正確には16,551店舗らしい(オタフクソースの2014年調査によると。お好み焼き、焼きそば、たこ焼き店で)。

都道府県別だと、1位は大阪の2,850店舗。焼きそばやたこ焼きが入ってくると、圧倒的に粉モノ文化は強い。

が、人口10,000人あたりの店舗数でいうと、1位は広島県となる。ほぼお好み焼きだけで勝負している広島を考えると、いかにお好み焼き屋が多く、いかに皆が愛しているかがわかる。

 

その皆が愛してやまない広島お好み焼きの発祥は、この「みっちゃん 総本店」だと言う。

f:id:shogot1978:20200726183100j:image

昭和25年に屋台から始まった。戦後の復興とともにお好み焼きの姿形も変わっていく。広島の街にお好み焼きを生み出した一人として、井畝満夫(いせ みつお)さんがいるという。この方の名前から「みっちゃん」が始まった。

 

この頃のお好み焼きは、クレープ状の生地に、ネギとわずかな野菜をのせて焼き、半月状にしてウスターソースを塗って食う、というおやつ感覚のものだったようだ。

こんな感じ↓。

f:id:shogot1978:20200726184541j:image

このおやつ感覚からスタートし、約70年間で、大きな進化を遂げたな、としみじみ思う。今やベーシックなキャベツやそばは、まだまだ見当たらない。

「より美味しく」を長年に渡って、貫き通した結果である。何がどう進化していくのかは、人の信念によるところが非常に大きいのだ。

 

 

◽️これが人気メニュー!

70年前の広島の人々は、こんなお好み焼きを想像できただろうか。
f:id:shogot1978:20200725100123j:image

おすすめスペシャルメニューの3品は、優に1,000円超えだ。もう、おやつ感覚ではなく、高級B級グルメだ。

人気No.1の「スペシャルそば」を注文。

カウンターに座り、生ビールを傾けながら、目の前で焼きゆく様子を眺めながら、完成を待つ。

f:id:shogot1978:20200726204123j:image

f:id:shogot1978:20200726204329j:image
f:id:shogot1978:20200726204325j:image

リズミカルに次々とお好み焼きが焼かれていく。見ていて楽しく、パフォーマンスとしてもイケてるのだ。

店内はほぼ満席。さすが人気店。

f:id:shogot1978:20200726204503j:image

 

待ってる間に、ビールを2杯飲み干す。

f:id:shogot1978:20200726204629j:image遂に、
f:id:shogot1978:20200726204619j:image人気No.1のお好み焼きが。おやつ感覚から70年もの時を重ね、進化したお好み焼きが。
f:id:shogot1978:20200726204936j:image

完全に贅沢な逸品である。

広島のまさにソールフードを夢中に頬張り、腹は満足感で膨れてしまった。

 

お好み焼き ── 。

好きなものを入れて、焼けば良いのだ。その可能性はまだまだ広く、ポテンシャルはまだまだ濃い。
f:id:shogot1978:20200725100127j:image

今後の進化が楽しみだ。

是非とも、広島お好み焼きの「みっちゃん」をお試しアレ!後悔はないですよ!